• ご予約・お問い合わせ TEL. 029-263-6060
  • 歯周病・インプラント専用ダイヤル TEL.0120-83-6060

コンセプト

  • TOP
  • コンセプト

当院が大切にしていること、
それは患者様との信頼関係です

安心・安全・技術。
このどれかひとつでも欠けていたら患者様は不安になってしまうことでしょう。
ただでさえ痛みや不調を感じている状態なのだから、当院では「安心・安全・技術」を常にご提供できるよう、日々最善を尽くしたいと考えています。

安心・安全・技術。
最新安心の歯周病治療

滅菌・院内感染予防を徹底し、清潔な環境での診療をお約束します

齋藤歯科ひたち海浜クリニックでは、治療で使う器具を徹底的に滅菌し、滅菌パックに入れて保管しています。治療する際にはそれを患者様の目の前で開封します。歯科医院内に存在する歯の削りカスや粉塵・飛沫から患者様を守るためです。

歯科用CT・マイクロスコープなど最新機器での精密治療が可能です

最新機器を導入し、より精密な患者様の検査をすることで状態が正確に把握できます。従来の歯科医院のような手探りの治療ではなく、明確な検査結果や根拠に基づいた治療をご提供することで患者様の負担も最小限で済むように心掛けています。そして治療計画に沿って治療を行い、最終的なメンテナンスに至るまで管理することで、歯周病、その他の疾患を防止いたします。また疑問、質問に対しては、可能な限り行ってきた研究データ、資料をもとにご説明いたします。

最新で究極の歯科再生療法

          安心、信頼のインプラント治療

  

日本歯周病学会専門医・インプラント治療のプロフェッショナルが診療します

《歯周病治療について》

歯周病の治療は、一般的な歯科治療とは異なり、より専門的な知識と技術が必要とされます。私共は、長年の間大学病院で歯周病治療に携わり、臨床と研究を積み重ねて参りました。長年の臨床経験と膨大な量のエビデンスから、それぞれの症例に応じた歯周病治療計画をいくつかご提示いたします。その中から多くの治療症例、行ってきた歯周病研究データもご提示しながら、最終的なかぶせ物や入れ歯を含めた内容で、患者様の要望に沿った治療計画に修正いたします。
また、歯周病治療で最も繊細で、技術を必要とする歯周組織再生療法ですが、大学病院での多くの臨床経験と、歯周病学教室時代の培養細胞等の多くの研究データを持っております。近年注目のエナメルタンパク質による歯周組織の再生は、日本で初めて生化学工業から依頼を受け、当院医師である斉藤文重が動物実験を行い、日本で初めて臨床応用いたしました。論文タイトル 『エムドゲイン塗布後の上皮細胞および歯根膜細胞 の動態について』また多くのデジタル化した症例がございますので、画面でご覧いただけます。

《インプラント治療について》

大学病院での多くの臨床経験や、歯学部での歯科インプラントの授業、またインプラント会社から依頼され、多くの歯科医師にインプラント治療の講義・資格の認定・治療法の指導、困難症例に対しては直接的、間接的にバックアップを行って参りました。骨移植、埋入困難なインプラント治療に対しては、絶大なる自信を持っておりますので、安心して御来院ください。(整形外科医師、麻酔医師との合同オペ等のオプションがございます)

マイクロスコープによる精度の高い治療

当院では、可能な限り治療にマイクロスコープを使用し、
より精密で高度な治療を患者さんにご提供するため、日々研鑽を積み、技術の向上に努めております。

斉藤歯科ひたち海浜クリニックでは、医科用の顕微鏡MÖLLER ALLEGRA 500を導入いたしました。この機種の導入は現在、関東地方では当院だけになり、九州・静岡に一台ずつの日本にまだ三台しかない機種になります。医科用のため高性能で、様々な機能(電磁ロック・電動式フォーカス・電動ズーム)があり、患者さんには手術時にライブ映像として顕微鏡の画像をお見せできるようになっています。

マイクロスコープの利点

歯人間が裸眼で識別できる大きさは0.1~0.2mmが限界と言われ、これまでは歯科医師の“経験”や“勘”などを頼りに治療が行われてきたのが事実です。しかし歯科治療において、とくに複雑で緻密な治療になればなるほど正確さを要求されます。なぜならお口の病気の原因となる細菌の大きさはそれよりずっと小さいからです。
マイクロスコープによる精密治療では、肉眼の数十倍まで拡大して見ることができ、これまで見ることのできなかった精密な領域での治療になります。それだけ精密に行われた治療は予後も良く、患者さんにとっても長く健康な生活を過ごせるという利点にもつながると言えます。

マイクロスコープを用いた根管治療(歯の神経の治療)

歯科でも根管治療という歯の神経の治療については、特に目に見えない部分が多い治療です。歯の中にある神経が通っている管は、非常に複雑で細かい形態をしているため、肉眼では見えない部分も多く、そこでマイクロスコープを使用することによって歯の内部をより細かく見ることができます。そして治療のレベルを格段に向上させ、歯を長持ちさせることができます。

マイクロスコープを用いた審美歯科治療(歯の詰め物・被せ物の治療)

審美歯科治療ではその精度が非常に重要で、精度が悪ければ美しくないだけではなく、長持ちもしないということで、意味がありません。マイクロスコープによる非常に精密な治療を行うことで、より美しく、そして長持ちするという、数ミクロン単位の高い精度の治療を行うことが可能となります。

メタルフリー症例